g i @ n t の も そ も そ フ ロ ク 

カテゴリ:もそもそっと・・・原点( 1 )

3つの作品



d0132880_9512387.jpg

小さい時から物を作ることも絵を書くことも好きだった。
そのぶん作文が苦手で辛かった。
作文の時間は机の上の400字詰めがいつも埋まらなかった。
「絵だっていいじゃねーか!」といつも思っていた。
絵を描いた方がよっぽどうまく表現できるとそう思っていた。

いま、ランディングネットを作っているが想いはあの頃と同じだ。
だから、自分にとってカタチの方が表現しやすいのかも知れない。

ここまでには、きっかけを作ったり作られたりの3つの節目があった。

ひとつめは木の自動車だ。
バイク繋がりで彼らとは出会ったが、すでに木工作家として活動をしていた。
その出会いからというもの週末になれば押しかけ、屋根裏で寝る生活が続いた。
いつも制作作業をみていたし、彼らの創作に向かい合う姿勢もみてきた。
それらすべてが今の自分に大きな影響を及ぼしてくれている。
彼らの紹介は後になるが「木の自動車」は、誕生日にプレゼントされたものだ。

ふたつめが初めて作った無骨な椅子だ。
週末になるとああだこうだとスケッチしては制作作業に入る。
お邪魔だったかどうかは知らないが食事も椅子づくりも勝手にさせてもらっていた。
もちろん東京アパート暮らしでは無理な話。
「もっと出来たらいいなあ」という楽しさを覚えてしまった時でもあった。

三つめはベイビー・ルーだ。
椅子作りの延長線にランディングネットがのってしまったと言うことだ。
市販のものを加工したり、適当な材で適当に作った。
はじめは道具もまだ揃えられなかったし、カッターナイフで出来ることを考えていた。
ここまでのめり込むとは思わなかったが性格的にみれば納得の結果だろう。
そして、1st FryFishingFesutaにチャンスがやってきた。
ベイビー・ルーでドキドキのメジャーデビュー?。
かなり自信喪失気味のスタートだったが納得いく結果を得られたと思っている。
不慣れなことでいろいろとあったが、周りの皆さんに感謝です。
特にアンクル・フォレストのオヤジさん。あのときの一言ありがとう。

これらSHIMAのターニングポイントにあった木の3作品です。


d0132880_9515588.jpg
「木の自動車(N氏作)、椅子、ベイビー・ルー」







[PR]
by ShimaNets | 2007-10-05 02:35 | もそもそっと・・・原点 | Comments(3)